3割と7割の私

語学力ゼロから夢を追って海外へ。一か八かの挑戦から目標を叶えた作戦ブログ。

なぜ留学したいのか

 

英語が話せるようになりたい!私はフランス語、私はドイツ語を学びたい!という語学習得の意思、海外へ留学する十分な理由ですね。

 

けれど語学習得の目標だけで留学をするのではなく、もう1つその先、将来私は何になりたいのか? 何をして生きていくのか? はどうですか?

 

海外で生き抜くには、私はこれが1番大事なことだと思います。

 

語学はどっちにしろやらなければならないんです。毎日勉強しないといけないんです。その国の言葉を使って生活しなきゃいけないんです。

 

だから現地に行ってしまえば言葉を覚える、というのはもう習慣になるので、その先の未来を考えましょう。

 

 

目標を明確にすること

 

語学はコミュニケーションツールの1つです。大切なことはそのツールを使ってあなたが何をするか、です。

 

例えば留学方法だけでも大学へ留学、社会人からの留学、この2つでは作戦の組み方がまるで違う。

 

目標を明確にすることで、必然とどの国で何を学ばなければならないのかが出てくると思います。

 

私の場合は、自分の好きなこと、興味のあること(仕事)で、現地社会に溶け込む=現地の会社・人と働くということを目標にしていました。

 

この目標が常にあったので、私の中で語学というのはただのツールにすぎなかったのです。だからこそ普通にできていないといけないと思い、勉強してましたねー。 

 

それはもう何度も自分の前に’絶望の壁’ が現れました。

 

’絶望の壁’とは私の中で、乗り越えなければならない試練にぶつかった時のことなのですけど。

 

絶望の壁出た~!!と、いつも心の中で思ってました。

 

だけどそこで立ち止まってる暇はなかったので、もう乗り越えるしかありませんでした。

 

なぜなら私が見ていたのはもっと先の未来だったから。

 

今思うとそれが語学を習得するモチベーションにつながっていました。

 

自分の夢や目標に向かって、自分を信じて前進し、自分が思い描いた人生を生きるんだ、と強い意志を持って努力をすれば必ず乗り越えられるし、成功する。

 

あとは運を味方にすること!

 

運の話もこれからしていこう。